クレジットカードは商品購入時にお金が不要で、後払いできることが大きなメリットですが、上手く使うことができれば、さらにいくつものメリットを得ることができるといわれています。そのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。比較していきましょう。

ポイントで比較

クレジットカードを使うと、その会社によってポイントが付きます。そのクレジットカードによって還元率は違ってきますが、おおむね0.5%の還元となっています。0.5%の還元率の場合、例えば200円分の買い物をすると、1円分のポイントがたまる計算になります。何かの買い物の時だけではなく、毎月引き落とされる携帯電話や電気代などをクレジットカード落としにするだけで、ポイントはどんどんと溜まって行きます。そのポイントは貯めてギフトカードとしてもらうことができたり、好きな品物と交換してもらうことができますので、クレジットカードを使えば使うほどお得になって行くようになっています。また、利用する店舗やクレジットカードの種類によってはポイントの還元率が1%や2%という高い数字の者もあります。

社会的なステイタスになる

クレジットカードは誰でも持てるものではありません。広く浸透しているものではありますが、クレジットカードの発行のためには申し込みの際にはクレジットカード会社による審査を通過しなければいけないのです。仕事の内容や収入、その他のローンなどの支払い状況などをチェックされ、基準を満たした人にしか発行されません。そして使えば使うだけその人の信用度が増していきます。逆に一度もクレジットカードを作ったことがないというような人は、その人の信用度がわからないのでクレジットカードを作ることが逆に難しくなったりします。クレジットカードをしっかりと使いこなすことができれば、新たなクレジットカードの取得や、ポイントの還元率などが良いゴールドやプラチナといった上位のカードへの変更も容易になります。

補償で比較

クレジットカードは、利用することで様々な補償を受けることができます。例えば海外旅行へ行く際の旅行保険や、盗難や紛失の際の損害の補償を行ってくれたり、クレジットカードの盗難や紛失の際の補償が付帯していて、万が一不正使用されてしまった場合でも保険会社が補償を行ってくれます。購入後の商品が盗難にあった場合でもショッピング保健が適用され、購入代金のほぼ全額が返金されます。
しかしこれらの補償はクレジットカードを利用した場合のみの適用となります。旅行の手配や商品の購入をクレジットカードを使わずに現金で行った場合には、クレジットカードを持っていてもこれらの補償は行われません。あくまでクレジットカードを利用した場合のみに適用されるものなので注意も必要です。自分に合ったものをいくつか探して、それぞれで比較しましょう。